HOME >境内のご案内 >御田と農人形像

御田と農人形像



  • [御田と農人形像]
    JR常磐線偕楽園臨時駅(観梅期間中などには特急電車以下すべての電車が停車)の前に、

    常磐神社の御田と斉昭公ゆかりの農人形像がある。


  • 烈公は農を尊ばれ、朝夕の
    食事には食膳の隅に置か
    れたこの像の笠の上に、
    初めの一箸を供え、 次の
    歌を唱えて農作業の労苦
    をしのばれた。

    『朝な夕な
      飯くふごとに忘れじな
      めぐまぬ民に
       めぐまるる身は』


  • 斉昭公ゆかりの農人形像
    高さ4センチメートル。

    5月に「お田植祭」10月に「抜穂祭」が行われる。


  • 天保の飢饉と斉昭公については『蔵』をご覧ください。 ========>蔵~資料館~へ

    参考資料・『義公・烈公・みかけあふき』 『蔵』へ