HOME >境内のご案内 >『大日本史』完成の地

『大日本史』完成の地


『大日本史』完成の地

  • 『大日本史』は明暦3年から数えて250年後の明治39年に完成するのである。
    光圀公によって「彰考舘(しょうこうかん)」と名付けられたこの編集所は、多いときには、 江戸と水戸に50人から60人の史官がいた。

  • 彰考舘は時代の変遷とともに転々と場所を移し、明治39年の完成時には偕楽園南崖にあった。
    この地に「大日本史完成の地」の碑が建てられている。
    ===>碑のあるところ(境内マップ)へ

  • 『大日本史』についてもっと知りたい方は
    ===>蔵~資料館~へ