HOME >境内のご案内 >常磐神社社殿

常磐神社社殿


常磐神社 御社殿


 


常磐神社 御社殿です明治初年、義公・烈公の徳を慕う人等によって祠堂が建立されました。

    水戸藩第2代藩主 徳川光圀公(とくがわみつくにこう)(義公、ぎこう)=
    高譲味道根之命(たかゆずるうましみちねのみこと)と

    第9代藩主徳川斉昭公とくがわ_なりあきこう)烈公(れっこう)=
    押健男国之御楯命(おしたけおくにのみたてのみこと)を祀る。


    昭和20年8月戦災により焼失し、現在の建物は昭和34年の造営になる。
    神明造

    本殿では古式のままに、大御心をいただいて人々が睦びあい、世界中の国々が平和でありますように、日毎のお祭りが行われています。 
        
    常磐神社の御社殿に入ると雅楽の調べが聞こえます。





    もっと詳しい事を、お知りになりたい方は、アイコンをクリックして下さい ネ!!

  • 常磐神社 由緒について====>蔵~資料館~へ