HOME >常磐神社について >常磐神社の由緒

常磐神社の由緒

常磐神社 御社殿



  • 明治の初年、義公(第2代藩主徳川光圀公)・烈公(第9代藩主徳川斉昭公)の徳を
    したう多くの人達によって偕楽園内に祠堂(しどう)が創立されました。

  • 明治6年(1873)には、明治天皇の勅旨をもって『常磐神社(ときわじんじゃ)』の
    御社号を賜りました。
    同年、県社に列格しました。

  • 明治7年(1874)現在地に社殿を造営し、5月12日遷座祭が行われ、この日を例祭
    と定めました。

  • 同年、義公には「高譲味道根命(たかゆずるうましみちねのみこと)」
       烈公には「押健男国之御楯命(おしたけおくにのみたてのみこと)」
       の御神号が宣下されました。

  • 明治15年(1882)別格官幣社に列格しました。

  • 昭和20年(1945)戦災によって社殿以下ほとんどすべての建造物が焼失しました。

  • 昭和33年(1958)全国の崇敬者からの浄財によって現在の社殿が完成しました。

     ここから常磐神社へ行きましょう。

  • [参考文献]

    ・『常磐神社史』常磐神社発行

    『義公・烈公・みかけあふき』常磐神社発行