HOME >水戸光圀公と斉昭公 >斉昭公

斉昭公


とくがわなりあきこう
徳川斉昭公


維新の魁、水戸学を育て、弘道館を創設。梅を愛し、偕楽園を開く。幼少より英邁で、父の尊王の志しを受け、光圀公とならんで義・烈両公とたたえられた名君である。


<天下の魁(さきがけ)斉昭(なりあき)公のコーナー・・!!>へようこそ。


天下の魁 徳川斉昭公

  • 光圀公と共に常磐神社(ときわじんしゃ)にまつられ、
    諡(おくりな)を烈公(れっこう)(1800~1860)といわれます。

  • 義公以来の水戸の心を受け継いで、国史を貫く日本の道を明らかにし、
    「弘道館」(こうどうかん)(藩の学校)を創設し、またペリー来航に際しては
    幕府の海防参与という役職について難局の処理にあたられました。

  • 弘道館の教授頭取(きょうじゅとうどり)であった会沢正志斎(あいざわせいしさい)の著した『新論』(しんろん)は吉田松陰(よしだしょういん)など、明治維新の志士たちに大きな影響を与え、維新の原動力となったことなどから
    「天下の魁(てんかのさきがけ)・維新の魁」といわれ、
    『弘道館記』の草稿を起草し、『正気の歌』の作者でもある、藤田東湖(ふじたとうこ)も斉昭公の側近でした。

  • 最後の将軍、徳川慶喜公は斉昭公の七男です。

  • もっと詳しい事を、お知りになりたい方は、下の項目(・・・へ)をクリックして下さい ネ!!

  • 徳川斉昭公について ========>蔵~資料館~へ
              ========>烈公年譜へ(斉昭公の一生がわかる)

  • 『義公・烈公・みかけあふき』 ========>水戸学講座(講録バックナンバー)へ

  • 「烈公の改革と幕末の水戸藩」 ========>水戸学講座(講録バックナンバー)へ

  • 「明治維新と水戸学」 ========>水戸学講座(講録バックナンバー)へ

  • 『弘道館記』へ