HOME >水戸光圀公と斉昭公 >黄門さん(光圀公)

黄門さん(光圀公)


とくがわみつくにこう
徳川光圀公


庶民に愛された ご隠居 御老公です ゆっくりご覧ください。



ようこそ <庶民に愛された 西山荘のご隠居さま のコーナー・・!!>


ご隠居さまは

  • 水戸黄門として今も親しまれている
    徳川光圀公(とくがわみつくにこう)(1628~1700)は、
    諡(おくりな)を義公(ぎこう)といい、お亡くなりになったとき、
    江戸の町には次のような狂歌が広まりました。

  • 天が下 二つの宝つきはてぬ 佐渡の金山 水戸の黄門
        
    このように人々は、なげき悲しんだと言われています。
        
        
  • 水戸徳川家二代目の藩主です。明暦3年(1657)30歳のとき、
    江戸駒込の屋敷で学者を集めて『大日本史』の編集をはじめられ、(この時はまだ書名は決まっていなかった)のちに、
    これを小石川の屋敷に移し(今の東京ドームのあたり)
    「彰考舘(しょうこうかん)」と名づけました。

  • わが国では最初の大文化事業で、多くの人手と年月をかけて、
    250年後の明治39年(1906)に完成しました。

  • 光圀公自身は、全国漫遊をしておられませんが、
    彰考舘の学者を派遣して資料を全国に広く求められました。

  • 茨城県水戸市の常磐神社(ときわじんじゃ)にまつられています。

  • もっと詳しい事を、お知りになりたい方は、下の項目(・・・へ)をクリックして下さいねっ!!

  • 水戸黄門について ========>蔵~資料館~へ
             ========>義公年譜へ(黄門様の一生がわかる)

  • 常磐神社 由緒について====>蔵~資料館~へ

  • 『義公修史の開いた道』====>水戸学講座(講録バックナンバー)へ

  • 『大日本史』の編纂と完成====>蔵~資料館~へ
  • 『義公・烈公・みかけあふき』====>水戸学講座(講録バックナンバー)へ