HOME >水戸学 >水戸学講座(講録バックナンバー)

水戸学講座(講録バックナンバー)

ここに収録の講録は冊子として頒布しております。
ご希望の方は常磐神社社務所までお問い合わせ下さい。

なお、第8回以前の講録は発刊しておりません。


『義公烈公みかけあふき』 常磐神社御鎮座120周年記念誌 絶版(再版予定なし)

  義公修史の目的と構想

  烈公と慶喜公

  みかけあふきと三輪信善


第 9 回『明治維新と水戸学』 平成4年度水戸学講座講録 絶版(再版予定なし)

  総題について

  水戸藩と水戸徳川家の家風

  水戸藩の学風---大日本史編纂を通して

  後期水戸学と烈公の改革

  幕末志士と水戸藩

  明治維新と水戸学


第10回『義公修史の開いた道』 平成5年度水戸学講座講録 残部僅少

  総題について

  義公の立志---英傑への関門

  大日本史諸蕃伝と北島志

  彰考館の史臣とその活動

  大日本史編纂と国学者-- 特に塙保己一を中心として --

  大日本史の完成とその歴史的意義


第11回『烈公の改革と幕末の水戸藩』 平成6年度水戸学講座講録 絶版(再版予定なし)

  総題について

  改革の発端とその発想

  改革の理想

  甲辰の国難と外圧

  水戸藩の悲劇

  水戸藩改革の余光


第12回『水戸先哲の不朽の名文』 平成7年度水戸学講座講録 絶版(再版予定なし)

  総題について

  義公の名文-「元旦祭藤夫人文」を中心として

  「西山」「彰考館」「彰考別館の記」等

  藤田東湖先生「送桑原毅卿之京師序」「小梅水哉舎記」

  烈公の名文-「弘道館記」「弘道館学生警鐘の銘」等

  「議建設義烈二公神社状」「義烈二公の神号に関する議案」等


第13回『水戸先哲の不朽の名文II』 平成8年度水戸学講座講録 絶版(再版予定なし)

  栗山濳鋒「忠義碑」

  藤田幽谷「高山處士を祭るの文」

  會澤正志齋「及門遺範(抄)」

  朱舜水の「楠正成像賛三首」について

  文天祥正気の歌に和す(正気の歌)

  義公鑽仰碑


第14回『徳川慶喜公---その歴史上の功績』 平成9年度水戸学講座講録

  総題について

  徳川慶喜の人格形成

  一橋家相続と将軍継嗣問題

  烈公の尊王攘夷論と慶喜公の開国論

  元治慶応期の混迷と将軍就任

  大政奉還と王政復古


第15回『藤田東湖先生に学ぶもの』 平成10年度水戸学講座講録

  父幽谷に育まれた「若き日の東湖先生」

  新進気鋭の藩士として

  天下の魁をめざて「天保の改革を推進」

  苦節十年正気と共に「甲辰の国難」

  『東湖先生の面目』


第16回『後期水戸学と藤田幽谷』 平成11年度水戸学講座講録

  総題について

  義公以後の修史の停滞と改革以前の水戸藩

  藤田家と幽谷の幼少時

  藤田幽谷の学問

  幽谷の改革論

  世界情勢と尊王攘夷



第17回『義公三百年祭・烈公生誕二百年の年を迎えて』 平成12年度水戸学講座講録

  総題について

  義公・烈公と領民

  義烈両公と教育

  義烈両公と他藩

  義烈両公と幕府

  義烈両公と京都



第18回『水戸先哲の不朽の名文III』 平成13年度水戸学講座講録

  告 志 篇

  大日本史序・進大日本史表

  『新 論』序

  「孟 軻 論」

  徳川慶喜公『大政奉還上表』



第19回『水戸の文籍(前期)』 平成14年度水戸学講座講録

  義公と 『礼儀類典』

  佐々宗淳と 『南行雑録』

  栗山潜鋒と 『倭史後編』

  安積澹泊と 『検 閲 議』

  打越樸斎と 『樸斎正議』



第20回『水戸の文籍(後期)』 平成15年度水戸学講座講録

  藤田幽谷と「修史始末」

  会沢伯民と「千島異聞」

  吉田令世と「水の一すじ」

  藤田東湖と「弘道館記述義」

  豊田天功と「北島志」



第21回『幕末の水戸藩』 平成16年度水戸学講座講録

  弘化甲辰の難 改革運動の挫折と烈公雪冤運動

  将軍継嗣問題と安政の大獄 水戸への期待と猜疑

  いわゆる密勅降下問題の紛糾 朝廷の国政介入と藩論の分裂

  桜田門外の変 志士の活躍と成破の盟

  元治元年 水戸藩と幕府



第22回藤田東湖先生・生誕二百歳記念『回天詩史』に学ぶ 平成17年度水戸学講座講録

  「回天詩史執筆の背景」から「三たび死を決して而して死せず」の二度迄

  「三たび死を決して而して死せず」の三度から「二十五回刀水を渡る」迄

  「五たび閑地を乞ふて閑を得ず」から「三十九年七處に徙る」迄

  「邦家の隆替偶然に非ず」から猶餘す忠義の骨髄を填むるを」迄

  「嫖姚定遠期すべからず」から最後迄



第23回『大日本史』完成百年記念 大日本史の諸相 平成18年度水戸学講座講録

  大日本史編纂の理念--特に義公の立志の時期について--

  『大日本史』志・表編纂について

  『大日本史』の諸本について

  『大日本史』の論賛について

  大日本史の遺したもの



第24回「水戸の教育」 平成19年度水戸学講座講録

  義公と教育

  弘道館の教育〜特に治教一致との関連について〜

  藤田幽谷と教育

  藤田東湖と教育

  烈公と教育



第25回「近世水戸の教育施設」 平成20年度水戸学講座講録

  弘道館について

  彰考館について

  賛天堂と医学教育

  偕楽園と好文亭

  日新塾の教育



第26回「『水戸学』を考える」 平成21・22年度水戸学講座講録(二年度分で一冊)

  形成期〜義公時代〜

  復興期〜文公・武公時代〜

  展開期〜烈公の時代=弘道館記の精神〜


第27回「烈公歿後百五十年〜烈公の魅力」

  家臣への手紙から

  焼物から見た齊昭公の魅力について

  多芸多才の人


このページのPDF形式ファイルをご覧になるには、
Adobe社のAcrobat Readerが必要です。

「Acrobat Reader ダウンロードページ」

から無料でダウンロードできます。