HOME >水戸学講座 >文天祥 正氣ノ歌ニ和ス(正氣の歌)

文天祥 正氣ノ歌ニ和ス(正氣の歌)

  藤田東湖
<原文は漢文>

てんち せいだい  き
天地正大ノ氣
すいぜん      しんしゅう あつま
粋然トシテ神州ニ鍾ル
ひい      ふ じ   がく
秀デテハ不二ノ嶽トナリ
ぎ ぎ       せんしゅう そび
巍巍トシテ千秋ニ聳ユ
そそ      だいえい  みず  な
注イデハ大瀛ノ水ト爲リ
ようよう      はっしゅう めぐ
洋洋トシテ八洲ヲ環ル
ひら      ばんだ   さくら な
發イテハ萬朶ノ櫻ト爲リ
しゅうほうとも たぐ    がた
衆芳與ニ儔ヒシ難シ
こ       ひゃくれん てつ  な
凝ッテハ百錬ノ鐵ト爲リ
えいり かぶと た   べ
鋭利ヲ斷ツ可シ
じんしんみなゆうひ
臣皆熊羆
ぶ ふ ことごとこうきゅう
武夫盡ク好仇
しんしゅうたれ くんりん
神州誰カ君臨ス
ばんこ てんのう  あお
萬古天皇ヲ仰グ
こうふうりくごう  あまね
皇風六合ニ洽ク
めいとくたいよう  ひと
明徳太陽に
よ おりゅう な
世汚隆無クンバアラズ
せいき とき  ひかり はな
正氣時ニ光ヲ放ツ
すなわ さん  おおむらじ ぎ
乃チ参ス大連ノ議
かんかん くどん  はい
侃侃瞿曇ヲ排ス
すなわ たす  めいしゅ  だん
乃チ助ク明主ノ斷
えんえんがらん  や
伽藍ヲ焚ク
ちゅうろうかつ これ  もち
中郎嘗テ之ヲ用ヒ
そうしゃばんじゃくやす
宗社磐石安シ
きよまろかつ  これ  もち
清丸嘗テ之ヲ用ヒ
ようそうかんたんさむ
妖僧肝膽寒シ
たちま ふる  たつ  くち  つるぎ
忽チ揮フ龍ノ口ノ剣
りょし とうそくわか
虜使頭足分ル
たちま おこ  さいかい  ぐ
忽チ起ス西海ノ颶
どとう ようふん  つく
怒濤妖氛ヲ殲ス
し が げつめい  よ
志賀月明ノ夜
あら    ほうれん  じゅん な
陽ハニ鳳輦ノ巡ヲ為ス
よしの   たたか たけなわ    ひ
芳野ノ戦ヒ酣ナルノ日
またかわ  ていし   ちゅん
又代ル帝子ノ屯
あるい とう      かまくら いわや
或ハ投ゼラル鎌倉ノ窟
ゆうふんまさ  うんうん
憂憤正ニ
あるい ともな さくらい  えき
或ハ伴フ櫻井ノ驛
いくん なん  いんぎん
遺訓何ゾ慇懃ナル
あるい したが てんもくざん
或ハフ天目山
ゆうしゅうきみ わす  ず
幽囚君ヲ忘レ不
あるい まも  ふしみ   しろ
或ハ守ル伏見ノ城
いっしんばんぐん  あた
一身萬軍ニ當ル
しょうへいにひゃくさい
承平二百歳
こ   き つね  の       え
斯ノ氣常ニ伸ブルヲ獲タリ
しか      そ   うっくつ
然レドモ其ノ鬱屈スルニ
あた                しょう
當ッテハ四十七人ヲ生ズ
すなわ し   ひとほろ    いえど
乃チ知ル人亡ブト雖モ
えいれいいま  かつ  ほろ
英靈未ダ嘗テ泯ビズ
なが  てんち   かん  あ
長ク天地ノ間ニ在リ
りんぜん いりん  つい
凛然彝倫ヲ敍ズ
たれ  よ   これ  ふ ち 
誰カ能ク之ヲ扶持ス
たくりつ  とうかい  ひん
卓立ス東海ノ濱
ちゅうせいこうしつ たっと
忠誠皇室ヲ尊ビ
こうけいてんじん  つか
孝敬天神ニ事フ
しゅうぶん ふんぶ     か
修文ト奮武トヲ兼ネ
ちか    こ じん  きよ      ほっ
誓ッテ胡塵ヲ清メント欲ス
いっちょうてんぽなや
一朝天歩艱ミ
ほうくん み ま  しず
邦君身先ヅ淪ム
がんどん き  し
頑鈍機ヲ知ラズ
ざいれい こしん  およ
罪戻孤臣ニ及ブ
こしん かつるい くる
孤臣渇ニ困シム
くんえんたれ  む         の
君冤誰ニ向カッテカ陳ベン
こ し ふんぼ   とお
孤子墳墓ニ遠ザカル
なん  もっ  せんしん  ほう
何ゾ以テ先親ニ報ゼン
じんぜんにしゅうせい
荏再二周星
ひと  こ   き   したが あ
独リ斯ノ気ノ隨フ有リ
ああわればんし     いえど
嗟予萬死スト雖モ
あになんじ はな      しの
豈汝ト離ルルニ忍ビンヤ
くっしんてんち   ふ
屈伸天地ニ付ス
せいし またなん  うたが
生死又何ゾ疑ハン
い       まさ
生キテハ當ニ
くんえん  そそ
君冤ヲ雪グベシ
またみ   し い   は
復見ン四維ヲ張ルヲ
し       ちゅうぎ  き   な
死シテハ忠義ノ鬼ト爲リ
きょくてんこうき  まも
極天皇基ヲ護ラン