HOME >水戸のご案内 >徳川博物館

徳川博物館



 常磐神社と偕楽園からJR常磐線をはさんで、南西の台地に彰考館・徳川博物館があります。

徳川博物館のサイト


徳川博物館概観 徳川博物館は、水戸徳川家13代当主徳川圀順公が、伝来の大名道具や古文書類を寄贈して設立した財団法人水府明徳会の博物館として、昭和52年(1977)に開館しました。
 所蔵品は、徳川家康公の遺品(駿府御分物-すんぷおわけもの-)を中心に家康公の子である初代頼房公、2代光圀公ら歴代藩主や、その家族の遺愛の什宝約3万点に及びます。
 さらに敷地内にある彰考館文庫収蔵の『大日本史』草稿本や、その編纂のために全国から集められた古文書類約3万点からも史料が展示されます。
 これらの品々は各々の美的、歴史的価値以上に、水戸家伝来品として一揃いとなって水戸の地に存続し続けるところに最大の意義があります。
 各地に数多くの博物館、美術館がありますが、「大名家」特に「水戸徳川家」のまとまった史料がみられる唯一の博物館です。
常磐神社・偕楽園にお越しの際はこちらへもぜひお立ち寄りください。

開館時間
10:00 ~ 16:30 火 ~ 金
10:00 ~ 17:00 土・日・祝
※ 入館は閉館の30分前まで。