HOME >水戸のご案内 >千波湖

千波湖



  • 偕楽園・千波公園


    偕楽園  国指定史跡名勝  水戸駅から偕楽園行きバスの便あり
    観梅期間、つつじ祭り、萩まつりにはJR常磐線「偕楽園駅」が開設され、
      特急をはじめ、すべての電車が停車します。

      上野駅から特急で1時間05分。

    駐車場・(偕楽園)-常磐神社有料駐車場、[大型バスは神社正面石段下]
    駐車場・(千波公園)-周辺に数箇所

    梅の公園として有名な偕楽園は、水戸第九代藩主徳川斉昭公が、(天保13年(1842))

    衆と偕(とも)に楽しむという趣旨で造られたもので、

    金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに、日本三公園として有名である。

  • 斉昭公は江戸藩邸の梅の実を採取して

    水戸の地に梅を植えられ飢饉と軍備に役立てようと考えられ、

    まず天保10年5月には『偕楽園記』が斉昭公の自撰自書でできあがり、

    天保12年4月から造園工事が始まり翌年(1842)7月1日完成し開園した。


  • 偕楽園は単に美しい庭園を楽しむという目的だけでなく、

    藩校弘道館の付属施設の性格も持ち、弘道館が文武修行の場であるのに対して、

    修行の余暇の休養の場であるとも考えられ、文教政策の一環をなすものであった。

    当初の広さは、現在の常磐神社の境内を含み14万7000平方メートルほどであったが、

    平成5年大規模公園として整備され

    周囲3キロメートル余りの千波湖を抱える約300ヘクタールを千波公園として

    ニューヨークのセントラルパークとともに世界最大級の都市公園となりました。

  • 梅は偕楽園に3000本、千波公園に1000本、観梅期間は2月中旬から3月末まで。

    ◆春を告げる梅に続いて「千波湖周辺の桜」、

    ◆偕楽園の「つつじ」

    ◆秋の「萩」、
    さらに表門付近の杉林・好文亭からの眺望はすばらしい。


    観梅(2月20日~3月31日)と
    「つつじまつり」(5月上旬)と
    「萩まつり」(9月1日~20日)の


    期間中は常磐神社鳥居前の常磐線偕楽園臨時駅が開設される。

季節の千波湖の写真展を見る